5963ハート通信 VOL.79

皆様、いつもお世話になりありがとうございます。日頃は格別なるご厚意を賜り、心より御礼を申し上げます。

 

「安全第一を考える」

 

このテーマに社員一丸となって、現在も試行錯誤の毎日です。

今日はこの「安全」について考えてみます。

 

「安全」は誰のために必要なのか?

 

私の考えでは、「安全」は他人の幸せのために必要である。

もちろん自分自身も痛い目にあったり、被害を受けたりします。でも本当に困るのは、お客様だったり、他の社員だったり、事故係だったり、家族、友人ではないでしょうか?

 

そういう意味で社内の安全教育も、他人を幸せにするためにやっています。

そして今日も、他人を幸せにするために、「安全第一を考えます」。

 

 

 

 

竹原和行

5963ハート通信79号(平成29年9月)