社長通信 №44 「一人ひとりが会社の代表であり中心である」

私たちは毎日、緑ナンバーをつけ、竹原運輸の看板を掲げ
て一般道、高速道を走行します。そこに社会との色々な接
点があります。乱暴な運転やあおり運転、交通ルール無視
をしていたら一般の方はどう思うでしょうか。
「あの運送会社は程度が悪いなあ」
「あの会社の安全教育はどうなっているんだ」
と判断されてしまうでしょう。それは、そのまま個人では
なく、会社の評価になってしまいます。
一人ひとりの存在、行動が会社全体を映し出しており、
「自分が会社をつくっているんだ」と自覚し、
責任ある行動をお願いします。
そこに仕事のやりがい、楽しさがあります。