ハート通信VOL.91

 皆様、日頃は格別のご愛顧を賜りまして誠にありがとうございます。心より感謝を申し上げます。 「安全第一を考える」 このテーマの、「考える」というのが弊社の大きな特長です。目指すのではなく考える。 現代は、思考停止の時代と言われています。機械化やネット、AIの普及によって、私たちは、物を考える機会が極端に減っているそうです。 例えば運送会社でも起きていますね。昔は地図を何冊も持って最適なルートを考えました。 しかし今はナビですね。仕事も効率化されて、何も考えなくてもいい環境がいい環境だとされています。 でも本当にそれでいいのでしょうか?機械や電気がなくなれば、自分で考えて工夫するしか方法がありません。便利なものは活用しますが、全面的に頼らない環境にしておくことで、将来起こるかもしれない危機に備えておく。 考える習慣を常につけておくことは、生きていくうえでとても大切なことに思えます。 怖いことは、考えない脳になると、脳はその機能を刈り取っていくことが知られています。 つまり、考えなきゃいけない時に、考えれない脳になってしまっている可能性があるということです。だから、今日も安全第一を考える脳にしておきたいのです。

ハート通信VOL.90

                                                      皆様、いつもお世話になりありがとうございます。日頃は格別なるご厚意を賜り、心より御礼を申し上げます。 「安全第一を考える」 「人間として成長する」 弊社では安全第一や利益だけでなく、お客様の役に立つ人間になるよう、人間として成長することが、会社のもう一つのテーマとして経営しています。ただ、この利益も成長も目的ではなく、手段だと考えています。 目的は、みんなが幸せになること。 いい会社とは、社員や関わるすべての人が幸せである。 いい経営とは、社員や関わるすべての人を幸せにする会社。 きれいごとかもしれませんが、そんな会社にしたいと思っています。

ハート通信VOL.89

皆様、いつもお世話になりありがとうございます。日頃は格別なるご厚意を賜り、心より御礼を申し上げます。 「あおり運転を無くす」 このテーマで、先日安全大会を開催しました。グループ討議では、全員積極的な意見交換がなされ、「あおり運転」をしない、思われない運転について発表しました。 他人の運転は変えられない、自分の運転を変えるしかない。 自分が人間力を上げるしか、安全を確保し続けることは難しい。 人間力を上げる、とは、まずは相手を肯定すること。肯定ファースト。 否定していては、争いになり、腹が立つだけ。怒りは安全運転には禁物である。 相手の事情や状況を考えてみよう。人にはそうしなければならない理由がある。 そう思えば、まずは相手を肯定し、それから解決策を練ればいい。 そんな運転者が世の中に増えれば、世界がまた一つ良くなる。 うちの乗務員から世界を変える運転をしようと誓う。

社長通信 VOL.177 次の安全大会目指して

社長通信 №177 次の安全大会目指して

10月13日(日)、全社の安全大会が開催されました。連休の最中、ご参加頂きまして誠に有難う御座いました。自社95名、お取引先30名、計125名の参加となりました。今回は部会の発表を中心に、安全衛生委員の活動紹介、ドライブレコーダー映像による事故防止対策等を行いました。 皆さんが連帯して活動している姿を見ることができ、頼もしい限りでした。やはり安全第一の実現には「皆様が一体となって取組む事が大事である」と痛感した次第です。                                                                                  ≪ 後退時は後方確認して下さい。≫