5963ハート通信 VOL.69

あけましておめでとうございます
本年も何卒ご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます

★事務所スタッフからの一言

皆様、いつもお世話になりありがとうございます。日頃は格別なるご厚意を賜り、心より御礼を申し上げます。

2016年度がスタートしました。旧年中は大変お世話になり誠にありがとうございました。今年も皆様どうかよろしくお願い申し上げます。

2016年は、大きな変動の兆しが見え始める年ではないか?という予測をしている人がいます。それは2045年特異点(シンギュラリティ)問題の始まりという意味です。特異点とは、人工知能が人類を超える日という話です。

現在、人工知能はある問題を突破して次の段階に入ったと言われています。ディープラーニングをご存じでしょうか?グーグルが偶然開発できてしまったという、今最も人間に近いコンピューターだと言われています。何もデータがないところで、猫の画像を見せて

「これは猫である」と認識できるそうです。なんと恐ろしい・・・。

今年は日本でも神奈川県で無人タクシーの実験が行われる予定です。時代は機械ができることは機械に任せる時代になりました。それが一層加速するのが2016年のようです。

これから大事なことは、人間しかできない仕事の追求人に希望を与える、人に力を与えるビジネス、会社にしていかないと機械にとって代わられてしまう。そんな時代の始まりの予感を感じつつ、竹原運輸は創業者の意志を大事にしてゆきます。

お客様、社員、モノを大事にしてゆきたいと思います。今年もよろしくお願い致します。

竹原和行

5963ハート通信69号を見る

 

 

社長通信 №131 「年頭所感」

明けましてお目出とう御座居ます。今年は申年。

会社創業者である父 竹原正郎の干支でもあります。

以前は会社でリスザルを飼っていたこともあり、創業者の姿、創業者の御苦労と共に

当時を懐かしく思い出す方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その様な意味合いもあり、今年は創業者の精神に今一度立ち返り、

創業の原点を見つめ直す年にしたいと思います。

創業の原点とは、

「人を大事にする」 「ものを大事にする」 「お客様を大事にする」 「なせば成る」

今年一年どうぞ宜しくお願い致します。

≪車間時間4秒・一時停止・後方確認・スピード控え目・交差点左右確認・車線変更注意≫

竹原 正和