5963ハート通信 VOL.78

皆様、日頃は格別のご愛顧を賜りまして誠にありがとうございます。心より感謝を申し上げます。

 

「量が質を生む」

 

このことが最近の私のテーマです。

圧倒的なパフォーマンスを出している人の共通していることは、やはり実践している量が多い、ということです。

 

イチロー選手について言えば、昔の恩師である仰木監督の言葉がそれを物語っています。

「彼は天才でもなんでもない。ただあいつほど練習する奴はいないけどね・・・。」

 

このことはスポーツに限らず、仕事でも趣味でもなんでもそうだと思います。

やはりある一定の量をやらないと、抜き出た存在にはならない。才能というよりやり抜く力の方が大事ではないか?

 

「一万時間の法則」というのがあり、なんでも一万時間やらないとプロレベルにはならないらしい。また、最近の売れた本に「やり抜く力」という本があり、そこでも同じようなことが書かれています。

 

あれこれ考える前に、諦めずにやり抜くことこそが、人生の勝利者になれる道なのかな?

 

竹原和行

5963ハート通信78号(平成29年7月)

社長通信 VOL.149 再度、バック時のルール徹底を

社長通信 №149

 

再度、バック時のルール徹底を

先日、本社構内にて高額修理のバック事故が発生しております。先月の社長通信でも不注意による事故が多発していることをお伝えしましたが、一向に事故がなくなりません。

バック時にはいかなる場所であれ、常に事故の危険が潜んでいます。運転席から見えませんから。ですから、ルールを決めています。今一度、バック時のルール徹底の為、部門毎にルール徹底の教育指導を実施いたします。

猛暑の中ではありますが気を引き締めて、運行業務に精励して頂きたいと思います。

≪車間時間4秒・一時停止・後方確認・スピード控え目・交差点左右確認・車線変更注意≫