社長通信 №49 「好況よし、不況さらによし。」

経営の神様と言われた松下幸之助の有名な言葉です。
『好況』を「かけ足」にたとえ、走ることが一所懸命で
周りや足元が見えない。
『不況』は「ゆっくり歩く」ようなもので、四方八方周り
が良く見え、無駄使いを無くしたり、社員教育に力を注が
れる時だと言っております。今こそ自分を今一度見直し、
自分の生活態度がこれでいいのか、安全運行する為に何を
すればいいのか、車両に不備はないか、挨拶は出来ている
か、お客様にもっとお役に立つことはないのか…
自問自答して頂きたい。
必ず忙しくなる時が来る。今、出来ることを皆さん、自主
的に、自発的に行いましょう。