5963ハート通信 VOL.83

皆様、いつもお世話になりありがとうございます。日頃は格別なるご厚意を賜り、心より御礼を申し上げます。

 

「安全第一を考える」

 

今回は、消費社会、情報社会に次ぐこれからの社会を、「創造社会」と位置付けている慶応大学の伊庭教授の興味深い話をご紹介します。

 

教授によれば、時代はすでに創造社会に突入しているとの見解で、その創造社会をうまく生きてゆくコツは、「エゴレス・クリエーション」だそうです。

 

自我を抜く?意訳するとしたら「無我の創造」となるでしょうか?

教授の研究を詳しく理解したわけではありませんが、私なりに勝手に解釈すると、いろんなことを創造するときに自我を入れるとうまくいかない、ということです。

 

自分の利益を最大化したいのが、人間としての本能的な心情ですが、そこをあえて抑えて自我を無くすことによって、より良い創造的な生き方になると解釈しました。

 

確かにエゴがいろんなところで邪魔をするし、うまくいかないときはエゴによることが多いような気がします。安全第一もエゴを抜くことで実践することがいい結果を生むと感じました。難しいテーマですが挑戦してみようと思います。

 

 

 

竹原和行

55963ハート通信83号(平成30年5月)

社長通信 VOL.159 次回の安全大会を目指して

社長通信 №159

 

次回の安全大会を目指して

先月開催されました全体安全会議にご参加頂き、有難うございました。今回は大雪の影響で、部会活動発表はできませんでしたが、薬についての話を聞かせてもらいました。

皆さんの仕事は健康第一であり、身体の自己管理が非常に大切です。健康であるから安全第一を達成することができます。十分な休養を取って、無理のない運行をよろしくお願い致します。

又、精神的に安定していることも非常に大切です。常に心に余裕を持ち、プロドライバーとしての誇りを大事にして日々の運行、作業を大切にしていきましょう。

後方確認・十分な車間距離